AGAって何ですか?

AGAという言葉をテレビなどで聞いたことがあると思います。

雑誌の広告などでもAGAはかなり取り上げられています。

まるっとAGA情報

髪の毛に関することだろうということはなんとなく分かるのですが、本当のところはよく分からないという方もいらっしゃると思います。

AGAとは、英語のAndrogenetic Alopecia(アンドロジェネティック・アロペシア)に由来する言葉です。

改めて聞くと難しい言葉です。

日本語訳としては「男性型脱毛症」と訳されます。

薄毛とか脱毛症などという言葉には、人前では出してほしくない言葉というイメージがどうしても付きまといます。

「男性型脱毛症」よりは「AGA」の方がずっとスマートです。

こういったことからAGAという言葉が使われているのでしょう。

つまり、AGAで悩んでいる男性はたくさんいるということをも意味しているのです。

多くの男性が脱毛症で悩んでいます。

そんな男性に脱毛症と積極的に向き合ってほしいという願いがAGAという言葉に込められているということもできるでしょう。

ここで大切なことは、AGAは進行する病気であるということを認識する必要があるということです。

繰り返しますがAGAは病気です。

病気は治療することができます。

AGAは治療すれば改善されるのです。

AGAを遺伝あるいは老化現象と思い込み、何らの手当てをしない方が多いようですが、AGAは病気ですから治す必要があるのです。

これは当該男性にとどまらず、髪の毛の悩みを持たない男性や女性の方々にも、AGAのことを正しく認識していただく必要があるということを意味しています。

AGAで悩む男性について、本人はもちろんのこと、その周りの人たちも正しく理解することが大切です。

AGAの男性の悩みは深刻です。

時に精神的に参ってしまうことすらあります。

家族と共にAGAに向き合うことが必要なのです。